PHP Hacks 学びの日誌(1)

PHP はじめの一歩

準備編に記した通り、
Web アプリを開発するための PHP & SQL のオンライン学習教材として、
PHP Hacks で学び始めています。

 **********************************************************************************
 ■ これまでの学習記録 ■
 PHP Hacks 学びの日誌(準備編)

*********************************************************************************

Web上の(広告サイトも含めた)ブログを読むと、
若くて時間があって早く職に就きたい人の中には、
1ヶ月で全学習を終えた(^∀^)とか、
3ヶ月後には転職を果たした!・・・などという武勇伝(!)も
載っていましたが・・・ダブルワークの私は、
そんなに急ぐつもりはありません。(急げないっ=3 無理っ=3)
ディズニーのオンライン・プログラミング学習教材の
テクノロジア魔法学校 もメインの全7章を7ヶ月で終えたので
およそ半年を目処に学習を終えたいと考えています。

昨日はまず、<事前準備>の動画(約10分)から始めました。
この10分程度、って動画視聴に最適です。
YouTube もそうですが、今や動画は大抵 10〜15分くらい。
確かに、集中できる時間ってその位ですから、
やはり、わかって尺を決めているのですね。

<事前準備>では、PHP Hacks の学習フローが概説されています。
勇気が湧くのは、
PHP Hacks はWebアプリ開発の基礎を学べる教材ですが、
仮想化の技術が学べる、という
他ではない(少なくとも、69,800円というお値段ではありえない)学びを
体験できることです。

どういうことかというと、
Mac や Windows などのOSの上に仮想的にパソコンを作り、
vagrantdocker などを使って開発によく用いられる Linux のOSを立てます。
Linux のコマンドラインやパッケージ管理ツールについて学び、
プログラムが動くようになったら、
PHP や Laravel
ウェブ・アプリケーションを作って、AWS を用いて公開もできるようになるのです。

・・・ちょっと魔法の言葉が多いようですが(^_^;;;)
Laravel は、今をときめくフレームワークの一つのようです。
プログラミング言語が動きやすくなる道具がいっぱいある場所、かな?
私は、上の文章の半分も意味がわかっていません、今は(T0T)。。。
ええ、祐也さんが(動画で)仰るには、
この講座が終わる頃には全部理解できます」と(意訳です)。
それを恃みに、学習して参りましょう。

では、こんな<魔法の言葉>の羅列を我がものとするために、
何をどう学ぶか、の実際の講義一覧を書き出してみます。

00. 事前準備 ←昨日はここ
01. HTML 
02. CSS
03. HTML/CSS演習
04. 仮想マシン
05. PHP
06. SQL
07. NativeApp演習
08. 仮想コンテナ
09. Laravel 基礎①
10. Laravel 基礎②


因みに、01、02、03 のあたりは、
Skill Hacks と重なっているそうです。
Skill Hacks では、このあと RubyRuby on Rails をメインに
学習していきます。
・・・こちらもいずれは学びたい。
因みに、こちらも 69,800 円です。
また、お値段は変わりますが、
どちらも転職サポート付きプランもあります
(→ Skill Hacks 転職サポート付きコース
 → PHP Hacks 転職サポート付きコース
ニーズに合わせてサービスを充実させているようです。

03 くらいまでは、
テクノロジア魔法学校の復習と思って楽しめそうですが、
それ以後は、ちょっと気を引き締めて
励むつもりです。

慌てず急がず確実に。

(感謝! GoodHead4MediaによるPixabayからの画像

次の記事

辻占の冨岡義勇New!!