魔法界にも麒麟が来る!(2)

麒麟がブータンに来た!?!

魔法界にも麒麟が来る!(1)』の続きです。

以下はネタバラシがありますので、
ご注意ください!





② 最終決戦地(国際魔法使い連盟のリーダーを決める場所)がブータンだった

のには驚きました。

ダンブルドアが、杖で雪山を描いた時、
おお!ヒマラヤ!
ならば・・・チベ・・・ええっ〜〜!?!
ブータン???

なにゆえ???

「古い魔法がある」
うんうん、ブータンにはあるでしょう。
チベット仏教(のドゥク・カギュー派)を国教としている
チベット仏教文化圏の筆頭とも言える国ですから、
それは様々な魔法はあるでしょうし、
チベット高僧の転生者も沢山住んでいるので、
最終決戦地に選ばれても、
勿論、良いのですが・・・

これまでのハリウッド映画なら、そこ、普通、チベットじゃない?

と。

でも、すぐに理解しました。
グリンデルバルドの時代は、第二次世界大戦の頃だから、
その頃のチベットは、国家存亡の危機にあったわけです。

その話を、ファンタビに絡めると
話がややこしくなりすぎるので、
避けたかったのね、と。

しかも、あとでわかったことには、
このファンタビ最新作は中国プレミアを行っていたんですね。
(参照:ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 マッツ・ミケルセン ジュード・ロウ 中国プレミア リモート出演【日本語字幕付き】
・・・ああ、それはチベット、避けるわ〜=333

それにしても、ブータンで麒麟って???
と、思ってしまうわけですが。
そうか、麒麟だから中国プレミア行ってるんだ!
と今、気づきました。
ハリウッドが中国市場に様々忖度してたんでしょう。

ホントは、ブータンなら龍なんですけどね。
西洋のドラゴンと区別をつけるのが(欧米人には)難しいから、
全く別の生物に未来を託したのかも。

マグルの世界の忖度を様々に感じた
映画でもありました。

……そのマグルの世界では、
麒麟は、聖人の前触れや
争いのない穏やかな世に現れる、そうです。(Cf. NHK『麒麟が来る!』)

ーーー 願わくは、いまこの世界に現れますように。

(アイキャッチはブータンの国旗:
感謝! joronoによるPixabayからの画像